« 柳町の由来 | トップページ | 二つ池 »

2006年4月30日 (日)

柳町の由来:訂正版

Scan10001_3  前回、「柳町」という字名は昭和になってからつけられたのではないかと推察したが、それは間違いであった。生麦村の名主であった関口一族の記録「関口日記」に、文政9年(1826年)水不足のため岸谷の溜め池より水を引いた際の記録が残っている。ここに「柳町にも水を引いた」という記録が出てくる。
 昭和5年の「鶴見区全図」には、新しく番地表示になった生麦町の310番地から564番地までの字名として「柳町」が使われているのは前回載せた通りである。しかし昭和33年の明細地図には、この付近に「原町」の表記がある。この「原」という地名も江戸時代以前のもので、むしろ文献にはこちらの方が圧倒的に良く見られる。実際、鶴見区の前身「生見尾村」のときは、この「原」を字名として使っていた。同じ地域に二つの字が混在しているようだ。
 小さな村の古い区画名を調べるのは大変時間のかかる作業である。生麦の字名については今後も分かり次第載せていきたい。
(昭和33年明細地図(有)経済地図社 番地表示は昭和5年と同じである。) 

|

« 柳町の由来 | トップページ | 二つ池 »

コメント

私の母が、昭和の初期に生麦に住んでおりました。今回、部屋の整理をしておりましたところ、生麦町原530 (名前)と刻まれた札が出て参りました。生前、母は生麦時代の記憶を、「となりに神社があった」と申しておりましたので、どうやら、この地図の左下あたりに住んでいたようです。大変、貴重な資料でとてもありがたく拝見致しました。どうもありがとうございます。

投稿: 吉村剛 | 2012年10月18日 (木) 11時46分

コメントありがとうございます。
お母様は生麦に住んでおられたのですね。
実はこの記事はいつか必ず続編を書かねばの思っている自分にとっての宿題です。「字」という地名を示す言葉が一筋縄ではいかないためです。
生麦に関して言えば、要するに「原」というのは江戸時代以前から使われていた東海道沿いの集落の名前です。「原町に住んでいた」と言えばどこの出自かすぐに想起できました。一方の「柳町」は明治時代の地租改正によって人工的に当てられた区域の名称です。「柳町」という字名自体はもっと古くから存在はしていたのですが、それを指し示す場所はもっと小さい別の地点でした。それを明治になってここまで広大な区域を指定するようにしたのです。
しかしこの人工的な後付の「字」(柳町)は地元の人にはほとんど浸透しなかったようです。原町○○という住所は役所の書類上は正式なものではありませんでしたが、ある意味もっとも「由緒正しい」土地の住所だと思います。

投稿: tsurucoco | 2012年10月22日 (月) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳町の由来 | トップページ | 二つ池 »