« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

助郷(すけごう)

Photo_19  江戸時代の「街道」といえば連想するのは「宿場町」であろう。この宿場町を支えていたのが「助郷(すけごう)」であるでことはあまり知られていない。宿場町は宿泊業務だけでなく継ぎ立て業務(次の宿場町までの荷物の輸送)も行っていた。助郷とは、この荷運びを街道沿いの農村へも賦役として課した制度である。鶴見区の村々は鶴見川を境として東側が川崎宿、西側は神奈川宿の助郷村として指定された。
 江戸幕府によって、街道制度が整備された当初は交通量もさほど多くはなく、宿場の継ぎ立業務も機能していた。しかし政治体制の確立とともに社会・経済が発展すると、交通量が増加し宿場では輸送が賄いきれなくなった。そのために近隣の村々から人馬を強制的に徴集したのである。現代の貨物輸送をこの時代は人力で行っていたのであるから、負担は膨大であった。通常の年貢の他に年間を通じて人馬を徴集するこの助郷制度は、時代が下るにつれ村々を疲弊させ、各地で離散や一揆を多発させる原因ともなった。ことに幕末には東海道はもとより各街道で交通量が激増し、助郷制度は破綻寸前となった。変動する社会と活性化する商品経済は、宿場間のリレー方式の継ぎ立て輸送と賦役による労働力では既に対応できなくなっていたのである。 明治5年新政府によって助郷制度が廃止されると、その後は民間による陸運会社が設立され、新たな時代の交通システムが確立していった。
 生麦村名主の『関口日記』にも、助郷の要請に対する苦労がたびたび記録されている。幕府の中央集権体制の基礎であった街道制度は、農民達の不条理とも言える負担の上に成り立っていたのだ。(写真は川崎宿の助郷会所跡)

| | コメント (1)

2006年7月23日 (日)

樽綱橋

Photo_16
Photo_21  樽綱橋は港北区の樽町と綱島をつなぐ橋である。しかし樽町側の橋脚は実際には鶴見区駒岡に入っている。ちょうど区界なのだ。樽綱橋は黄色く塗装された目立つ橋だ。近くには鶴見川河口から8kmとの案内がある。鶴見川全体の長さから考えればこの橋は河口に近いと認識すべきだが、普段河口から1km前後の鶴見川の姿を見慣れている自分には、川幅が狭まり、両側の川辺には草葉が生い茂り、その緑を川面が映し出しているという樽綱橋付近の景色は、大変に上流の光景のように思えた。潮の香りのする生麦付近の鶴見川も別の魅力があるが、埋め立てによって本来の川を人工的に延長したことも事実である。樽綱橋に来て改めて鶴見川の自然を感じることが出来た。

| | コメント (0)

2006年7月17日 (月)

弁天池

Photo_15 
 鶴見川は高低差が少なく海水が逆流しやすいため、農業用水として利用するには不向きであった。そのため鶴見では灌漑用の溜池が多く利用された。「寺谷大池」もそのうちの一つであった。しかし工業化が進むと灌漑の必要がなくなったため、池の一部を記念として残し、その他は埋め立てられてしまった。この残された一部が現在寺谷にある「弁天池」である。
 直径は20メートルぐらいであろうか。周囲をぐるりとコンクリートで固められた「泥沼」のような池は、一見したところ住宅地に突然現れた「穴」のようだ。池の端には弁才天の祠があり、反対側から石橋で渡れるような造形は面白い。しかし子供の遊び場としては危険であるし、宅地化されたこの地域には太古からある池の方がむしろ不自然な存在となってしまっているのは否めない。
 残されたこの池すらもこれから埋め立てられてしまうような予感のする光景であった。

| | コメント (0)

2006年7月 5日 (水)

カミンでの出来事

 鶴見カミンのレストランでの出来事である。隣の席に座るおばあさんが、若いウエイトレスに「お茶のおかわり」を頼んでいるのが聞こえた。彼女は食事を終えて食後にお茶が欲しくなったらしい。しかしこのウエイトレスは不慣れなのか、2度頼まれても「お茶のおかわり」を持ってこない。おばあさんはついにお店のマスターに頼んでお茶のおかわりをもらったのだが、その時つぶやいたのである。「最近の若い人は・・・お茶なんて飲まないのかしらね・・・?」 この言葉を聴いて、私は何故かホッとし、隣のおばあさんに好感を持った。レストランで客がウエイトレスにクレームを言っている光景を見ることは大変苦痛である。「注文を取りに来ない!」「注文を間違えている!」「料理がこない!」「料理が冷えている!」客はみな空腹のせいか「切れやすく」なっている。以前、後から入った別の客の料理のほうが先に出てきたという理由で、ウエイトレスを大声で呼びつけていたサラリーマンを見たことがあるが、そのような場面を目撃すると、私は自分の料理に全く集中できなくなってしまうのだ。しかしこの時のおばあさんは、ウエイトレスの不手際も自分の不満もすべてこの一言に収めてしまったように見えた。「最近の若い人は・・・食後に日本茶飲まなくなったのかなぁ・・?」なんとも見当違いなつぶやきではあるが、このような「老い」なら悪くはないと思った。

| | コメント (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »