« カスケードビール工場跡 | トップページ | 馬場二丁目公園 »

2006年8月29日 (火)

響橋(ひびきばし)

Photo_32
  国道1号線(第二京浜)にかけられた響橋(ひびきばし)、通称「めがね橋」である。鶴見区のほぼ中央に位置している。
 昭和16年に開通した響橋は、昭和15年に開催される予定だった東京オリンピック(日中戦争のため中止)に合わせて造られたものだ。巨大で優美なアーチと、その両脇の深い切り通しを見上げると、これが今から70年前に行われた工事であるかと改めて驚かされる。炎天下、聖ヨゼフ学園の生徒達がその傍の歩道を歩いて行くのが見えた。いつか彼らが大人になったときに、毎日通ったこの橋を懐かしく思い起こすのであろう。(絵:高さ13メートル。幅48メートル。鉄筋コンクリートモルタル仕上げ。橋の上が臨港バス、下が市営バスの運行ルートである。)

|

« カスケードビール工場跡 | トップページ | 馬場二丁目公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カスケードビール工場跡 | トップページ | 馬場二丁目公園 »