« 獅子ヶ谷市民の森 西谷(にしやと)広場 | トップページ | 響橋(ひびきばし) »

2006年8月24日 (木)

カスケードビール工場跡

Photo_31
Photo_35   新鶴見橋からみえるカスケードビール工場跡である。「カスケードビール」を売り出した日英醸造は、昭和3年寿屋(現サントリー)に買収され、昭和5年「オラガビール」という新ブランドのビールを売り出した。しかし売り上げ不振により数年で販売は中止され、サントリーは一時ビール業界より撤退。かつての工場は現在全く別の企業が所有しているが、事実上「廃墟」に近い状態のようだ。
 非対称でレトロなデザインが大変めずらしい。本来もっと見栄えのする建物のはずだが、放置された外壁の痛みが激しく、周囲の倉庫やマンションに埋もれてしまうかに見える。JR鶴見線の国道駅でも感じたことだが、鶴見区内には昭和の息遣いが感じられる史跡が多く残っているのに、今ひとつ有効に活用されていない。この工場跡は廃墟マニアの間ではよく名前の挙がる建造物らしいが、やはり建物は有効に使われてこそ生きるものだ。
(昭和5年の鶴見区明細地図。当時は第二京浜が通っていなかったので新鶴見橋もかかっていなかった。川沿いの工場では鶴見川を使ってビール瓶などを運搬していたが、同時に洪水にも悩まされた。)

|

« 獅子ヶ谷市民の森 西谷(にしやと)広場 | トップページ | 響橋(ひびきばし) »

コメント

いつもながら視点の面白さというか柔らかさに感心させられます。確かに鶴見区は昭和の史跡が多いのかもしれないけれど、その息遣いを感じることができる感性に脱帽です。普通は見過ごしちゃうよ。日常のものを対象としたブログながら、なぜか読んでいると日常を離れられてよいです。

投稿: moromina | 2006年9月 4日 (月) 23時52分

いつも楽しく拝見しておりますファンの者です。tsurucocoさんの画と文に心酔しています。ここのところ新エントリがなく、次回作が心待ちでなりません。(2008年3月末)

さて、本稿のカスケードビール工場跡、今朝気がついたのですが取り壊しの工事真っ最中でした。オレンジ色の巨大なユンボのアームが、ばりばりと建物の内蔵をあらわにしていました。

自分は廃墟マニアではないのですが、自宅からほど近いこの建物にノスタルジー以上の愛着を感じていました。レトロ建築を改修補強してビール記念館などとして活用してほしかったのですが、大変残念なことです。

実は私、こちらのブログにも「カスケードビール」で検索してたどりついたこともありまして、報告の意味でコメントさせて頂きました。

寂しいコメント、失礼いたしました。

投稿: taco | 2008年3月28日 (金) 17時35分

コメントありがとうございます。
実は、一身上の都合により、しばらく「ぶらりと散歩する」ことができなくなってしまいました。
自分としても、一生懸命続けてきたのに残念です。
また再開したときには、どうぞよろしくお願い申し上げます。

それにしても、カスケードビール工場はなくなってしまうのですね・・・。
ある意味、建物が存在していたときに、その姿をスケッチできたのは幸運だったかもしれません。

投稿: tsurucoco | 2008年3月29日 (土) 10時29分

初めて書かせて頂きます。
貴重なスケッチとご解説、ありがとうございます。
私は市場大和町に在住しております55歳の男です。小学校低学年の頃まで祖母の家が元宮にあったため、しょっちゅう近くのこの建物を目にしておりました。何の建物かは知りませんでしたが、幽霊工場などと呼ばれたりしていて子供心に不気味なイメージを抱いておりました。今月(2009年8月)のYOUテレビでこの建物についての番組が放送されていて、ビール工場だったことを知りました。懐かしく思ってインターネット見ていたところ、このサイトにたどり着いた次第です。残念ながら今はもう建物はありません。新藤兼人監督がこの辺りで「どぶ」という映画を撮られ、その中でこの建物が写っているそうなのでDVDを買って見てみようかと思っています。

投稿: breezing | 2009年8月14日 (金) 23時09分

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

このブログに辿りついていただけた方の多くが
「カスケードビール工場」関連で検索されたようです。
それだけ注目されている建物が鶴見に存在してたのに
撤去されてしまったのは誠に残念でした。

しかしbreezingさんが子供の頃すでに「幽霊工場」と
呼ばれていたということは、かなり前から廃墟と
化していたのですね。建物を再利用するにも、
現在の建築基準に比べれば耐震性が弱弱しすぎる上、
劣化が進みすぎて、維持は不可能だったのでしょう・・・。

「どぶ」とう映画のことは存じませんでした。時間が
あったら是非見てみようと思います。

投稿: tsurucoco | 2009年8月17日 (月) 16時32分

Hello from Canada. My name is James Johnstone. I am trying to track down the history of a brewery built by a German-Canadian named George Conrad Reifel who is supposed to have built a brewery somewhere in Yokohama around 1917. I believe the brewery may have been built in Tsurumi. Any information you may have would be very much appreciated. Even if you only have the name of the Brewery, that would greatly assist me.

投稿: James Johnstone | 2012年3月14日 (水) 04時23分

カナダからのコメント、ありがとうございました。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
George Conrad Reifel について分かったら
また是非ブログで紹介しますね。

投稿: tsurucoco | 2012年5月 2日 (水) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 獅子ヶ谷市民の森 西谷(にしやと)広場 | トップページ | 響橋(ひびきばし) »