« 鶴見川水難者慰霊供養塔 | トップページ | 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) »

2006年12月14日 (木)

【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:下田海中水族館

Photo_66  Photo_67
 伊豆下田は黒船来航にて知られる港町である。横浜より踊り子号に乗車すると、熱海から伊豆半島の先端までの道のりが大変に長いことが分かる。ミカンの木が茂る海辺の風景が続いていく。
 下田に到着したがあいにくの雨天となったため、本日のスケッチは取り止めとし、かわりに海中水族館に出かけることにした。自然の入り江の中に作られた水族館である。しっとりと雨に濡れる岩山を背景に見たイルカのショーは、一時寒さを忘れさせてくれるほど面白かった。だがこの水族館で最も印象に残ったのは、帆立貝を食べるラッコの姿である。自然界のラッコは腹の上に乗せた貝殻を石で割って食べるのだが、この水族館ではラッコに石を持たせていない。帆立貝を与えられると水槽のガラスで貝殻を叩き割る。ガラスの方にヒビが入るのではないかと思えるほどの大きな音を立てる。衝撃で貝を落とすこともない。あの前脚の握力はどのくらいなのだろうか。

|

« 鶴見川水難者慰霊供養塔 | トップページ | 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) »

コメント

ラッコの握力・・・。考えたこともなかったなぁ。

投稿: Mina | 2007年1月 1日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見川水難者慰霊供養塔 | トップページ | 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) »