« 駒岡ふれあいの樹林 | トップページ | 鶴見川水難者慰霊供養塔 »

2006年12月 1日 (金)

別所熊野神社

Photo_63
 北寺尾の高台にある熊野神社は、この地域の字名を冠して「別所熊野神社」と呼ばれている。参道となる石段は狭く急であるが、高台まで上りきると境内は解放的で、犬を連れた人が頻繁に通り抜けていく。社殿脇に神社の由緒の彫られた石碑が建っている。この神社が子供の百日咳に霊験があること、『新編武蔵風土記稿』に記述されていること、境内の御水舎に「慶応二年」の銘があること、戦災で社が焼失した際は社地中腹に横穴を堀り御祭神を奉安したこと、昭和50年に社殿が本格的に再建されたことなどがびっしりと書かれている。その内容もさることながら、どっしりとした石碑とその後ろに立つ比較的新しい社殿を見ると、時代を継いでこの神社を支えてきた氏子達の存在を感じることが出来た。

|

« 駒岡ふれあいの樹林 | トップページ | 鶴見川水難者慰霊供養塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒岡ふれあいの樹林 | トップページ | 鶴見川水難者慰霊供養塔 »