« 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) | トップページ | 【謹賀新年】生麦魚河岸のイカ »

2006年12月23日 (土)

『関東地名物語』(「谷」地名の研究)

Photo_69 「なぜ東京周辺の地名は「谷」を「タニ」や「コク」と読まず、「渋谷」や「市ヶ谷」のように「ヤ」と読むのだろう?」この素朴な疑問から「谷」地名に喰らいついて書かれた本である。
 「ヤ」「ヤト」「ヤツ」は もともと「ヤチ」も含め、すべて「草の生えた低湿地帯」を意味する同系列の言葉であったが、稲作が広まると、丘陵から水が染み出ている山合いの狭い平地を水田として開墾するようになり、この土地を「ヤ」「ヤト」もしくは「ヤツ」と呼んで、「ヤチ」とは区別するようになった。次第に水気のないところでも、山に入り込んだ狭い土地や集落を指す一般的な名称として定着した。その形状が「谷」と似ていたことからこの漢字を当てるようになったのではないかと書かれている。「ヤ」は関東地方全般で見られるが、「ヤト」は主に神奈川県が中心で「谷戸」と表記されるときもある。「ヤツ」は房総半島中部および神奈川県の鎌倉周辺にみられ、「谷津」と表記されることもある。群馬県においては「谷戸」と表記するものの、これを「カイト」と読むことが多い。語源については、柳田国男のアイヌ語説を否定し、「yat」(ヤッ)と発音する祖語が東言葉(あずまことば)にあったのではないかと推察しているが、何故地域によって使い分けられるようになったのかははっきりとは分からない。
 本の帯には「古代関東の地名が見えてきた」と仰々しく書かれているが、物語と呼べるものは一切無い。谷地名についての調査を羅列したメモ書きような本である。大変読みづらくはある。しかし一つの地名に徹底的にこだわる研究家の底力を感じさせる本であった。(山田秀三著『関東地名物語』)

|

« 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) | トップページ | 【謹賀新年】生麦魚河岸のイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【番外編】伊豆下田ぶらり絵日記:寝姿山(ねすがたやま) | トップページ | 【謹賀新年】生麦魚河岸のイカ »