« 末広橋からの風景 | トップページ | 【一周年ご挨拶】 »

2007年3月28日 (水)

鶴見区区制80周年


Photo_114  Photo_117
 現在 の鶴見区は、江戸時代には16の村(※)に分かれていた。明治22年、町村分合改称令により鶴見川河口の生見尾(うみお)村(後に「鶴見町」に改称)、鶴見川以東の町田村(後に「潮田町」に改称)、山間部の「旭村」の3村にまとまった。さらに大正14年、鶴見町と潮田町は合併し、新しい「鶴見町」となった。鶴見川で分かたれた鶴見と潮田は、江戸時代にはそれぞれ神奈川宿、川崎宿と別々の助郷村に指定されていたこともあり、距離は近くともさほど緊密な縁があったわけではない。特に鶴見は生活用水を溜池に頼り、潮田は川崎方面から引かれた二ヶ領用水を利用していたため、水の利用から考えれば潮田は川崎市への縁が深かった。鶴見と潮田が合併したのは京浜地区の埋め立てに伴い急激に工業化、商業化が進み、工場労働者が両地区を頻繁に往来するようになったためである。しかし人口の増加とともに深刻な水不足にも悩まされるようになった。
 昭和2年、鶴見町は旭村とともに横浜市へ編入した。工業地帯として発展する鶴見を編入させたいとする横浜市の申し出に対し、鶴見側が編入の条件として申し入れたのは、昭和2年9月までに水道の敷設をすることであった。横浜市はこの条件を承諾し敷設は完了した。同年10月、横浜市は区制を施行する。「横浜市鶴見区」はこうして誕生したのである。
(絵:鶴見駅東口にある獅子頭の共同水道栓。区制80周年の今年、横浜市との合併の契機となったこの水道施設にもう少し光を当ててもいいのではないか。)(※港北区の誕生により師岡地区は分区)

|

« 末広橋からの風景 | トップページ | 【一周年ご挨拶】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 末広橋からの風景 | トップページ | 【一周年ご挨拶】 »