« 豊橋 | トップページ | 『横浜木材史』 »

2007年3月10日 (土)

もう一つの「ゆたか橋」

Photo_100
1_11 1_12

 鶴見区の地図を見ると、小野町の鶴見川沿岸で不自然に切れている道をみつけることが出来る。実はかつてここから対岸の生麦を結ぶ「ゆたか橋」という釣り橋が存在していた。竣工は昭和8年1月。数年後に暴風雨で破壊されたということだが、昭和14年の地図にはまだ存在している。現在この場所に行ってみると一面を更地にして工事が始まっており、切れた道の先端を確認することがすでに出来なくなっていた。対岸の生麦側でも護岸工事が進んでおり、その痕跡らしきものはない。川岸に降りるために作られた新しい階段が、おそらくかつての橋の位置にあたるのではないかと思われるだけであった。(絵:対岸の生麦側には名物の「貝殻を敷き詰めた川辺」が見えたが、護岸工事が進めばそれもまた失われそうな気配である。地図左:現在の鶴見区の地図。地図右:昭和9年の地図。)

|

« 豊橋 | トップページ | 『横浜木材史』 »

コメント

はじめまして。数年前、鶴見に越してきた者です。毎回の素敵な絵に惹かれてます。知らない鶴見の歴史について知ることもでき、時々訪れてます。また、次回も楽しみにしてます!

投稿: tune | 2007年3月11日 (日) 02時04分

ありがとうございます。最初は自分でも「続くかな?」と思って始めましたが、意外にもはまってしまいました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: tsurucoco | 2007年3月11日 (日) 17時44分

はじめまして。
カスケードビール工場跡の検索でこちらにたどりつきました。
やわらかい絵で素敵ですねぇ。
鶴見はまだまだ知らないところが多いので、こちらを参考にさせて散策しようとおもいます。

投稿: くてくて | 2007年3月14日 (水) 09時01分

ありがとうございます。
私自身、鶴見についてはまだ知らないことが多く、スケッチをしながら新しい発見を続けています。このブログが参考になればとても嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

投稿: tsurucoco | 2007年3月14日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊橋 | トップページ | 『横浜木材史』 »