« 鶴見区区制80周年 | トップページ | 花月園の桜 »

2007年4月 1日 (日)

【一周年ご挨拶】

018  「鶴見区ぶらり絵日記」も本日4月1日でちょうど一周年となりました。累計アクセス数は19時時点で4605件です。ご覧いただいた方々に、心よりお礼申し上げます。
 一年を通してブログを続けるということは、自分が思った以上に労力を要する作業でした。それでもここまで続けてこられたのは、鶴見の魅力にとりつかれたからと言う以外にありません。
 鶴見の最大の魅力は、「未開発な土地」であったということです。入り組んだ谷戸と鶴見川に挟まれた生産性の低い土地は有力な武将などを輩出できず、江戸時代もまた天領と旗本領とに細切れに支配されていたため、注目すべき華々しい歴史は存在しません。農民と農民の間に起こる争いと和解、自然災害との戦い、権力への服従と反発等、庶民の生活がそのまま鶴見の歴史を形成しています。その庶民が、明治以降浅野総一郎らによって進められた工業化の波にのみ込まれながらも、その生活を今日まで連綿と続けています。地元の郷土史家が残した書物を丁寧に読んでいると、まさに「民衆」の本質を知ることができたかのような面白さがあります。
 これからも自分自身楽しみながら、鶴見の面白さを紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお付き合いください。
 (写真:スケッチブックも3冊目になりました。真夏日のスケッチをどう乗り切るかが今年も頭の痛い課題になりそうです。)

|

« 鶴見区区制80周年 | トップページ | 花月園の桜 »

コメント

1周年おめでとうございます。まだファン暦数ヶ月ですが、これからもずっと応援してます!素敵な絵も楽しみにしています。

投稿: tune | 2007年4月 2日 (月) 17時20分

ありがとうございます。今後はペン画や色鉛筆など水彩画以外にも挑戦していこうと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: tsurucoco | 2007年4月 2日 (月) 22時39分

 すごい!おめでとうございます・・・。
「農民と農民の間で・・・。」のくだりのとおり、
決して華々しくないけれど、日常のさまざまなことの積み重ねで
鶴見の歴史がつくられていることが、自分の人生とも重なります。
 心にしみいるコメント、そして、すばらしい絵。
へこみっぱなしの毎日の中、時々、ここをのぞいて
ほっとさせていただいてます・・・。
 そう考えるとあなたはすごい!!
人一人を癒しているのだから・・・!!!
感謝いたします・・・。
 これからも、あなた様のペ-スで、素敵なコメントと絵を
わたしたちに届けてくださいませ・・・。

投稿: ちゃりえ | 2007年4月10日 (火) 17時48分

どうもありがとう。
人を癒している・・・とはあんまり実感できないケド、少なくとも自分自身は楽しみながら続けて行こうと思います。まだまだ鶴見区内で踏破していない町も多いので、出来るだけ気候のよい季節に家から遠くの町に出かけてみたいと思ってます。これからもよろしくお願いします。

投稿: tsurucoco | 2007年4月10日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見区区制80周年 | トップページ | 花月園の桜 »