« 「法隆寺前」 | トップページ | 【番外編】京都ぶらり絵日記:東福寺 »

2007年4月30日 (月)

三角形の土地(市場富士見町)

Photo_127 
Photo_128  市場や潮田など近代になってから直線で区分けされた地域には、その隙間を埋めるような三角形の土地が出現することがある。市場公園もこうした土地の一つで、見事な三角形を成しているが、公園の対角にある土地も大変印象的である。一辺20m前後の正三角に近い土地は石垣で区分けされ、盛り土した敷地の中にチェスの駒のように5本の木が植えられているのだ。利用するのが難しい尖った角地は、昔から地蔵が祀られるなど特殊な空間として使われることが多かったのだよと大学で教授から教えられたことがあるが、正にその説明に当てはまるような一種独特の空間であった。
(市場富士見町の三角形の土地。木登りして遊べる雰囲気ではない。国道15号を挟んだ向かい側の市場大和町にも全く同じ形の土地があるが、こちらは樹木だけでなく花も植えられており、明るく開放的であった。)

|

« 「法隆寺前」 | トップページ | 【番外編】京都ぶらり絵日記:東福寺 »

コメント

産業道路近くにも似たような三角地がありました。
自転車走りながら「あ、tsurucocoさんの絵に似ている」と思ったしだいです。
何度か通っていたのですが、いままで気づきませんでした。
いつか写真撮ってみようと思います。

投稿: くてくて | 2007年5月 4日 (金) 21時09分

改めて意識してみると、結構ありますね。
佃野商店街の入り口の交番の向かいの土地も、同じような雰囲気があります。
きちんと文献をみつけてもう一度記事にしてみたいと思っています。
(今回の記事は、語弊が無いように掲載後に文章を多少変えました。気づかれたらゴメンナサイ。)

投稿: tsurucoco | 2007年5月 5日 (土) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「法隆寺前」 | トップページ | 【番外編】京都ぶらり絵日記:東福寺 »