« 朝陽山八幡宮(ちょうようざんはちまんぐう) | トップページ | 北寺尾「町のはらっぱ」 »

2007年6月 5日 (火)

キリン横浜ビアビレッジ(キリンビール横浜工場)

Photo_146
Photo_150  生麦にあるキリンビール横浜工場の土地はもともと広大な貯木場であった。しかし中区に貯木場が整備されるとともにその機能を失い、埋め立てられていった。そしてその跡地に関東大震災で壊滅的な打撃をうけたキリンビール山手工場を移転させたのである。岸谷や子安台の土砂を使って貯木場を埋め立てる工事は当時大変なものであったようだ。しかし大正15年の開設以来、80年以上たった現在でもこの横浜工場はキリンビールの主力工場として稼動し続けている。
 なお昭和の初めまで存在した鶴見川沿いのカスケードビール(寿屋・現在のサントリー)を廃業に追い込んだのは、このキリンビールの生麦進出も一因であったらしい。閉鎖された後、カスケードビール工場の従業員の多くはキリンビールに雇用されたということだ。
(絵:工場の敷地の一部はキリンビアビレッジとして市民に解放されている。公園の木々の向こうに巨大な貯蔵タンクが見える。写真:ビールの講習会や工場見学も行われている。要予約。)

|

« 朝陽山八幡宮(ちょうようざんはちまんぐう) | トップページ | 北寺尾「町のはらっぱ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝陽山八幡宮(ちょうようざんはちまんぐう) | トップページ | 北寺尾「町のはらっぱ」 »