« 江ヶ崎跨線橋 | トップページ | 成願寺三ッ池 »

2007年6月27日 (水)

岸谷2丁目公園

Photo_154 
 岸谷2丁目公園は、生麦中学校へ続く急階段のある「上の部分」と、最も広い「真ん中の部分」、そして岸谷小学校に近い「下の部分」の、3つに別れている。それぞれは市道で隔てられた別の区画に入っているが、そのすべてを合わせて「岸谷2丁目公園」と名付けてしまっているのが面白い。おそらく地元の人達の間では、それぞれの区画が認識できるような通り名があるのかも知れない。
 絵は「上の部分」。階段の両脇には、ベンチのある広場とアジサイの花の咲く小さなスペースがそれぞれあるが、敷地が狭すぎるのかこの部分は子供達に人気は無いようだ。遊具のある「真ん中の部分」で遊ぶ子供達の声が階段の下の方から聞こえてきた。

|

« 江ヶ崎跨線橋 | トップページ | 成願寺三ッ池 »

コメント

思春期の手前に「遊び場」があるのは、ある意味面白い。
ところで、スケッチによってはマジックペンを使ったものがあるようだが、どういう時に使うの?

投稿: stonefield | 2007年6月27日 (水) 23時19分

「思春期の手前」とは中学校の前ということかなー?考えてみれば確かにここは小学校と中学校の間にあるのよね。法政女子や浅野学園も近く、学校施設が集まっています。
ペンはマジックペンではなく、「ピグマ」という水彩のペンです。特に使う決まりはないんですが、これからは現地の雰囲気を最もよく伝えることの出来る画材を選べるようになりたいと思ってます。今、試行錯誤中です。

投稿: tsurucoco | 2007年6月28日 (木) 22時54分

10月3日にいただいたコメントが、文字化けして読めませんでした。恐れ入りますが、コメントを下さった方は再度送信して下さい。よろしくお願いします。

投稿: tsurucco | 2007年10月 7日 (日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江ヶ崎跨線橋 | トップページ | 成願寺三ッ池 »