« 佃野公園(つくのこうえん) | トップページ | キリン横浜ビアビレッジ(キリンビール横浜工場) »

2007年6月 1日 (金)

朝陽山八幡宮(ちょうようざんはちまんぐう)

Photo_145
  花月園入り口の右手の小山に、生麦北町の氏神として祭られている八幡神社がある。創建は不明だが、元禄年間の文献にはすでに記載があるようだ。かつては山頂から生麦浦の眺望を楽しむことが出来、また海上にいた猟師達からも帰帆のよい目印とされていたらしい。
 しかし現在は、埋め立てられ遠くに後退した海上からはもちろん、すぐ傍のバス通りからも社殿は見えない。見えるのは鬱蒼とした木々の塊だけである。2年ほど前は古い石段を登り頂上に行くことが出来たのだが、現在では入り口の鉄門扉で遮られ中に入ることすら出来なくなっている。
 この神社はこのまま森の中に埋もれてしまうかのようだ。
(絵:手前の鳥居は江戸時代の制作だが、石組みがずれており、通り抜けには注意が必要である。左の道は鶴見および東寺尾東台へと続いている)

|

« 佃野公園(つくのこうえん) | トップページ | キリン横浜ビアビレッジ(キリンビール横浜工場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佃野公園(つくのこうえん) | トップページ | キリン横浜ビアビレッジ(キリンビール横浜工場) »