« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月23日 (木)

寿老橋

Photo
 昭和12年に埋め立てられた鶴見沖の新しい土地は、七福神に因んだ名前がつけられている。「大黒町」もそのうちの一つだ。鶴見駅から19系統の市バスに乗り、大黒町の最も西よりある「寿老橋」の入り口に行った。橋には送水管・送ガス管・送電線を通すための洞道が平行して敷設されており、むき出しの動脈のように見える。せっかくの運河河口の光景も遮られてしまっていた。この橋を渡れば神奈川区の「宝町」となる。「布袋橋」を渡るとその向こうが「恵比寿町」となるが、七福神の名のついた工場地帯を猛暑の中歩き通すのは無理のようだ。結局近くのバス停から、終点の新子安駅に向かうこととした。

| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

鶴見市場駅追突事故

Photo Photo_2

 昭和19年12月26日、午後8時20分、東京急行電鉄(現在の京浜急行)鶴見市場駅構内にて木造列車の追突事故が発生した。停車中の上り列車の後方より、上り品川行の列車が時速50mにて激突。後方列車の前輪は停車列車に25mほど乗り上げ、停車列車の3両目は右側に転覆大破、死者53人重軽傷者46人を出す大惨事となった。原因は後方列車の1両目の運転機械が故障したため、運転手(当時18歳)が車掌(当時19歳)を1両目に移し、2両目の運転台にて操縦していたことによる。灯火管制下、視野のきかないまま車庫入れを急ぐ運転手と、先頭車両の車掌との間に連絡がつくはずもなかった。このような後部車両による運転は当時しばしば見られ、加えて乗務員による信号安全の合図も励行されていない状況であった。当時の新聞でも「この事故は偶発的ではない」と糾弾されている。
 これほどの列車事故にもかかわらず、その記録は驚くほど少ない。『京急の駅 今昔・昭和の面影』『京浜急行百年史』には若干の記述があるものの、『鶴見区史』には巻末の年表にわずか一行。『環境・災害・事故の事典』(丸善株式会社出版)には、1874年以来270件近く載せられている国内の鉄道事故の年表に載せられていないのだ。
 戦争末期の灯火管制下、人員不足を象徴するような年若い運転手が引き起こした事故は、多くの悲惨な戦災に埋もれ忘れ去られてしまった。
(左:昭和19年12月28日、朝日新聞全国版(裏面)。事故は発生から2日後に新聞掲載された。紙面全体がすべて戦争記事であり、鉄道事故は裏面の下である。右:同日、朝日新聞神奈川版。「国防国体の活躍、事故処理に絶大な力」「物をいった氏名証、死亡食止めに衛生隊の功績」の文字が目立つ。)

| | コメント (2)

2007年8月 4日 (土)

『横浜の町名』

Photo_5 Photo_7 
 横浜市市民局から出版されている『横浜の町名』を地名研究に参照するときは、昭和57年の初版にあたらなければならない。例えば「岸谷(きしや)」に関する項目でも、以下の通り異なるのである。

【昭和57年版(初版)】
・岸谷(きしや)(一丁目~四丁目) 〔昭和四十二年・五・一〕
昭和四十二年住居表示の施工に伴い生麦町他一部より新設された町。町名は地元の要望により字名を採用したもの。キシとは、崖、山手などの意味を持つ地形用語で、岸谷とは「山側の谷戸」、あるいは「山手の谷」という意味で、現在の生麦を古くは岸村といった時代があり、岸村(ガケのある村)に対し、岸村にある谷戸という意味であるとも考えられよう。
【平成8年版(最新版)】
・岸谷(きしや)一丁目~四丁目 〔昭和四十二年五月一日設置、住居表示〕
昭和四十二年住居表示の施工に伴い生麦町他一部より新設された町。町名は地元の要望により字名を採用したもの。地名研究で「キシヤ」とは「山側の谷戸」あるいは「山手の谷」という意味という。一・四丁目の東側を東海道本線・横須賀線・京浜東北線が通り、二・三丁目の北西側を第二京浜(国道一号)が通る。

 昭和57年版に書かれていた地名の解説が、平成8年度版では大幅に削られてしまっているのがわかる。代わりに現在の岸谷の情報が書かれているが、これは「町名」と名付けられた本に載せるべき内容ではない。
 もともと本書は、昭和42年から始まった住居表示に伴い、新設された町名の由来を明らかにするために発行された本である。初版が刊行された当時は急速に統廃合されていく町名や地名に対し市民の関心が強く、またそれだけ行政に対しても高い見識が求められたのだろう。
(写真左:昭和57年版。地名研究家、桜井澄夫氏調査執筆委託されたもの。その内容はもとより住居表示課の挨拶文、附録に至るまで読み応えがある。写真右:平成8年版。)

| | コメント (15)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »