« 岸谷1丁目の稲荷 | トップページ | 「豊橋」~その読み方~ »

2009年5月25日 (月)

新鶴見橋の袂

Photo
 下末吉国道際のバス停で降り、第二京浜を川崎方面に歩いていくと新鶴見橋に出る。膨大な数の車両が行き交う鉄とコンクリートの橋の向こうには川崎のビル群が見える。下流の方に目を向けると、森永橋の優美な姿が、橋の袂から上流を眺めると、鶴見川漕艇場のボートが戻ってくるのが見えた。

|

« 岸谷1丁目の稲荷 | トップページ | 「豊橋」~その読み方~ »

コメント

>末吉国道際
ここを通るバスに乗ることがあるのですが、
「ぎわ」という名づけ方におもしろいなぁといつも思っています。

投稿: くてくて | 2009年5月25日 (月) 17時50分

私も以前からそう思っていました!
他にも「寺谷角(てらやかど)」や「駒岡十字路」のように、交差点と言えども侮れない名前がついているバス停がありますね。
尚、正しくは「下末吉国道際」でした。記事を訂正いたしました。すみません!

投稿: tsurucoco | 2009年5月25日 (月) 21時06分

はじめまして。町歩きのてくじいです。この橋を通るたびに鶴見で一番古い廃墟のビルがあったのを思い出します。そのビルが壊されてゆく時の様子がどんなだったのか写真に撮っておきたかったなあ。
これからも宜しくお願いします。

投稿: てくじい | 2009年5月26日 (火) 13時51分

コメントありがとうございます!
カスケードビール工場撤去は私も大変残念に思いました。
維持するのが大変だったのは分かりますが、なんとか昭和の遺産として残して欲しかった気もします・・・。
この工場の撤去の件以来、今にも失われそうな史跡については、早めに写真なりスケッチなりの記録に残しておかなければと気持ちを新たにした次第です。

投稿: tsurucoco | 2009年5月26日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸谷1丁目の稲荷 | トップページ | 「豊橋」~その読み方~ »