« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月12日 (金)

「豊橋」~その読み方~

Photo_12 Photo_9  37_3 Photo_10
 
  2007年3月にスケッチし、記事にした入船公園脇の豊橋をもう一度確見に行った。元宮のカスケードビール工場が撤去されて以来、失われる可能性が高い史跡については早急に記録に残しておかねばならないと思うようになったためである。
 実は前回スケッチした際、この橋を「とよはし」と読むのか「ゆたかばし」と読むのかが不明であった。『つるみ・潮田歴史散歩』(瀬田秀人著)には、かつて鶴見川河口にあった豊橋と同名である旨が書かれている。これに拠るなら「ゆたかばし」と読むのが正しい。しかし愛知県の市名にもある通り一般的には「とよはし」と読む方が多いであろう。さらに昭和6年、横浜の筏会社14社が合併してつくられた「株式会社豊組(とよぐみ)」の存在が気になる。昭和初期まで貯木場であった入船公園の場所に木材を運び入れるため、朝夕と無くこの細い水路を行き来していた筏師達の会社名にちなんで名付けられた可能性は高い。そうだとすれば当然「とよはし」と読むのが正しいであろう。
 もしかしたら失われた片方の欄干には仮名の読み方が刻んであったかもしれない。小さな橋の読み方が横浜の木材史を語っていたかもしれなかった。しかし今となっては確認することは出来ない。せめて現存している欄干だけはしっかりと保存したいものだ。

(左:柱に付けられた「豊橋」のプレート 中:反対側の柱のプレート。「昭和参拾七年参月竣功」の文字。右:昭和33年の明細地図。現存する豊橋は昭和37年に架け変えられたものだと思われる。この時代にはすでに貯木場は埋め立てられ日本鋼管の製鉄所になっており、水路のみが残されていたようだ。)

2007年3月のスケッチはこちら→
http://tsurucoco.cocolog-nifty.com/1/2007/03/post_9e36.html

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »