« 新鶴見橋の袂 | トップページ | 『鶴見川の橋』 »

2009年6月12日 (金)

「豊橋」~その読み方~

Photo_12 Photo_9  37_3 Photo_10
 
  2007年3月にスケッチし、記事にした入船公園脇の豊橋をもう一度確見に行った。元宮のカスケードビール工場が撤去されて以来、失われる可能性が高い史跡については早急に記録に残しておかねばならないと思うようになったためである。
 実は前回スケッチした際、この橋を「とよはし」と読むのか「ゆたかばし」と読むのかが不明であった。『つるみ・潮田歴史散歩』(瀬田秀人著)には、かつて鶴見川河口にあった豊橋と同名である旨が書かれている。これに拠るなら「ゆたかばし」と読むのが正しい。しかし愛知県の市名にもある通り一般的には「とよはし」と読む方が多いであろう。さらに昭和6年、横浜の筏会社14社が合併してつくられた「株式会社豊組(とよぐみ)」の存在が気になる。昭和初期まで貯木場であった入船公園の場所に木材を運び入れるため、朝夕と無くこの細い水路を行き来していた筏師達の会社名にちなんで名付けられた可能性は高い。そうだとすれば当然「とよはし」と読むのが正しいであろう。
 もしかしたら失われた片方の欄干には仮名の読み方が刻んであったかもしれない。小さな橋の読み方が横浜の木材史を語っていたかもしれなかった。しかし今となっては確認することは出来ない。せめて現存している欄干だけはしっかりと保存したいものだ。

(左:柱に付けられた「豊橋」のプレート 中:反対側の柱のプレート。「昭和参拾七年参月竣功」の文字。右:昭和33年の明細地図。現存する豊橋は昭和37年に架け変えられたものだと思われる。この時代にはすでに貯木場は埋め立てられ日本鋼管の製鉄所になっており、水路のみが残されていたようだ。)

2007年3月のスケッチはこちら→
http://tsurucoco.cocolog-nifty.com/1/2007/03/post_9e36.html

|

« 新鶴見橋の袂 | トップページ | 『鶴見川の橋』 »

コメント

入船公園が貯木場だなんて知りませんでした。運河が産業道路を越えて浜町の方に延びていた頃釣具屋さんの側の末広橋あたりでスケッチをしたことがありましたが、豊橋という橋があったのは気が付きませんでした。欄干が残っているは貴重ですね。

投稿: てくじい | 2009年6月14日 (日) 21時36分

私も別の橋を見に行ったついでに偶然豊橋を見つけました。
全く存在感のない橋なので、気づかれなくても当然です。
しかしなんとか鶴見の史跡として保存してほしいと思います。
末広橋をはじめ川崎運河の遺構も面白いですよね!
こちらも是非スケッチしに出かけたいと思っています。

投稿: tsurucoco | 2009年6月15日 (月) 15時48分

豊橋ですかぁ、以前は(まぁ)そのあたりに居たのに気付かなかったです。
入船橋の親柱(とおもわれるもの)は見つけたことがあります。
http://blog.goo.ne.jp/kute2/s/%C6%FE%C1%A5

投稿: くてくて | 2009年6月15日 (月) 19時36分

すみません、URLはこちらです。
http://blog.goo.ne.jp/kute2/e/4b918b20ac64a0a1c55d015ade028fcf

投稿: くてくて | 2009年6月15日 (月) 19時37分

すみません、URLはこちらです。
http://blog.goo.ne.jp/kute2/e/4b918b20ac64a0a1c55d015ade028fcf

投稿: くてくて | 2009年6月15日 (月) 19時37分

入船橋の跡については私も見たことがあります。
くてくてさんの写真にもあるとおり、標識が作ってあり、
不完全でも一応史跡として残しておこうとする方向性が
見えるのでまだ救われてますよね。
この付近是非じっくり探索してみたいです。

投稿: tsurucoco | 2009年6月15日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新鶴見橋の袂 | トップページ | 『鶴見川の橋』 »