« 2011年1月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年2月20日 (日)

【切り絵】生麦南町・福寿稲荷

Photo
Img_3817_4    旧東海道沿いにある「浜商会」というビルの脇から、貝殻海岸へ抜ける路地を入った。かつての漁師町の名残が色濃く残るこの辺りの住宅は、海風を遮るために家々が近接して建てられており、塀や柵がほとんどない。壁と壁との間を明細地図を頼りに進んで行くと、幾度か迷いながらようやく目指していた「福寿稲荷」を見つけることが出来た。
 赤い柵と2重の鳥居に囲われた境内の奥にある祠は思いのほか大きな作りである。中には2体の狐の石像と賽銭箱が置かれており、油揚げとお神酒が供えられていた。密集した空間の中で周囲の人々によって大切に守られている社は、住民だけでなく迷い人をも受け入れてくれる中庭のような存在であった。
[スケッチ場所:生麦5丁目21番地付近]
(写真:祠の前にも2体の狐像がある。その下に彫られている「南町 江ヶ講中」の文字。どのような「講」であるのかは不明。)

| | コメント (7)

« 2011年1月 | トップページ | 2012年2月 »