« 馬場神明社 | トップページ | 北寺尾1丁目の階段 »

2011年2月20日 (日)

【切り絵】生麦南町・福寿稲荷

Photo
Img_3817_4    旧東海道沿いにある「浜商会」というビルの脇から、貝殻海岸へ抜ける路地を入った。かつての漁師町の名残が色濃く残るこの辺りの住宅は、海風を遮るために家々が近接して建てられており、塀や柵がほとんどない。壁と壁との間を明細地図を頼りに進んで行くと、幾度か迷いながらようやく目指していた「福寿稲荷」を見つけることが出来た。
 赤い柵と2重の鳥居に囲われた境内の奥にある祠は思いのほか大きな作りである。中には2体の狐の石像と賽銭箱が置かれており、油揚げとお神酒が供えられていた。密集した空間の中で周囲の人々によって大切に守られている社は、住民だけでなく迷い人をも受け入れてくれる中庭のような存在であった。
[スケッチ場所:生麦5丁目21番地付近]
(写真:祠の前にも2体の狐像がある。その下に彫られている「南町 江ヶ講中」の文字。どのような「講」であるのかは不明。)

|

« 馬場神明社 | トップページ | 北寺尾1丁目の階段 »

コメント

生麦もあっちこっち歩いてみましたが気が付きませんでした。それとも見過ごしたのかも知れません。漁師町に稲荷社が多いのも海上安全を願う気持ちが強いからなのでしょう。子安浜にもお稲荷さんがありました。切り絵が素晴らしいです本格的ですね、次回が楽しみです。

投稿: てくじい | 2011年2月22日 (火) 01時05分

この稲荷はわざわざ見に行かなくては見られない場所にあります。それだけに見つけたときは知られざる史跡を発掘したような感動がありました。(住宅地図には載ってはいるのですが・・・)
ペンで色付けしてみましたが、思った通りの仕上がりとならなかったので切り絵にしてみました。実は切り絵をしたのは小学生以来初めてです。大変でしたがとても勉強になりました。

投稿: tsurucoco | 2011年2月23日 (水) 16時24分

私も鶴見区(仲通)に住んでいます。
心がホッコリする素敵な絵画ですね。
生麦の切り絵も情緒豊かで良かったです。
訪れたことのある場所も優しい水彩の色彩で別世界のようです。
ふだん何気なく通り過ぎている場所も「絵になる」と素敵な場所だったことに気づきました。

投稿: ヨッシィー。 | 2011年2月23日 (水) 20時47分

コメントありがとうございます。
未熟な腕ではありますが、とても励みになります。
「仲通」にお住まいなんですね!
鶴見川より海側は、鶴見線など発掘にことかかない
題材があるにもかかわらず、まだまだ未散策です。
そのうち是非お邪魔する予定です。

投稿: tsurucoco | 2011年2月23日 (水) 21時16分

切り絵!すごいです、そしてきれいですね!
鳥居の赤が映えますね。
多才ですねぇ~~

投稿: くてくて | 2011年3月 4日 (金) 00時58分

ありがとうございます。
実は最初は水彩で描いたのですが、
この神社の印象的な赤い色がうまく表現できなかったので
切り絵にしてみました。
大変でしたが、現地の雰囲気が少しでも伝わったのなら
頑張って切った甲斐がありました!

投稿: tsurucoco | 2011年3月 4日 (金) 13時12分

はじめまして。
鶴見区のめがね橋(ひびき橋)のすぐそばにあります、横浜市寺尾地域ケアプラザに勤めております、松橋と申します。
めがね橋のイラストを探していたところ、tsurucocoさんのブログにたどり着きました。
とても良い絵ですね!
業務の中で、ぜひこのイラストを使わせていただきたいのですが、いかがでしょうか?
もし使わせていただくことができましたら、ご連絡いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

横浜市寺尾地域ケアプラザ
松橋 暁

投稿: 松橋 暁 | 2011年5月29日 (日) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬場神明社 | トップページ | 北寺尾1丁目の階段 »