« 見返し坂の紅葉 | トップページ | 【番外編】幸区ぶらり絵日記:鹿島田の二ヶ領用水 »

2014年2月21日 (金)

鷹野大橋から対岸を望む

Photo_2
 鷹野大橋の上流に矢上川と鶴見川との合流地点がある。鶴見に向かって流れ込む矢上川の左岸が川崎市幸区南加瀬、右岸が横浜市港北区日吉である。ここは正に3つの地域の分岐点だ。両岸をコンクリートで固められた鶴見川の下流から上ってくると、この付近の岸辺には自然が感じられる。その自然の河川によって土地が分かたれ、その土地の上に人々の作り上げた地域が存在しているのだ。そういうことを考えさせられる場所であった。(絵の中の橋は矢上川にかかる矢上川橋)
[スケッチ場所:駒岡5丁目22番地付近]

|

« 見返し坂の紅葉 | トップページ | 【番外編】幸区ぶらり絵日記:鹿島田の二ヶ領用水 »

コメント

鶴見に住んでいた時はこの橋にほど近い場所でした。
ちょっと奥に行っただけなのにのどかで好きな場所。
ダイヤモンド富士も見にいきました。懐かしい場所が出てきてうれしいです。

投稿: くてくて | 2014年2月28日 (金) 19時55分

コメントありがとうございます。
駒岡は「鶴見区の最深部」とでも言える場所ですね。
今回スケッチしにいき、改めて魅力的な場所だと
思いました。特に鷹野大橋向いの川崎には、
二ヶ領用水の跡が残されているようですね。
これからもっと探索してみたいと思います。

投稿: tsurucoco | 2014年3月 1日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見返し坂の紅葉 | トップページ | 【番外編】幸区ぶらり絵日記:鹿島田の二ヶ領用水 »