« 鷹野大橋から対岸を望む | トップページ | 7月の大黒埠頭 »

2014年3月31日 (月)

【番外編】幸区ぶらり絵日記:鹿島田の二ヶ領用水

Photo
 ニケ領用水とは、川崎領・稲毛領の二つの領に多摩川の水を引くため江戸時代初期に造られた用水である。現在では多くが埋め立てられたが、一部は整備され美しい小川として景観を楽しむことができる。まだ桜がつぼみをつける前の3月半ば、平間駅近くの歩道から階段を伝って川べりに降りてみた。河口に向かって流れていくせせらぎの音が響いている。この川が淀まずに流れていくのは、400年の昔精密に測られ人工的に作られた高低差があるからだ。
[スケッチ場所:鹿島田3丁目13番地付近]

|

« 鷹野大橋から対岸を望む | トップページ | 7月の大黒埠頭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷹野大橋から対岸を望む | トップページ | 7月の大黒埠頭 »