« 鶴見川橋を眺む | トップページ | 生麦の高架下 »

2016年2月 6日 (土)

【番外編】中原区ぶらり絵日記:多摩川の河川敷

Photo_2
 東急線の新丸子駅を降りて多摩川の河川敷に向かい、遊歩道を散策した。日頃見慣れている鶴見川と、目の前の多摩川の違いは、なんといっても河川敷の広さである。ゴルフの練習場あり、野球場ありと多摩川の河川敷は圧巻だ。氾濫したときはこの河川敷まで水位が上がることを思えば、それがそのまま川の大きさの違いとも言える。東京と神奈川の県境となるにふさわしい川だ。目の前に巨大なビルが見えてきた。一瞬川崎の高層ビル群かと錯覚したが、下丸子にある企業の工場のようだ。
[スケッチ場所:中原区上丸子山王町1丁目1300番地付近]

|

« 鶴見川橋を眺む | トップページ | 生麦の高架下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴見川橋を眺む | トップページ | 生麦の高架下 »