« 最厳寺踏切 | トップページ

2017年10月20日 (金)

秋葉神社

Epson003_5

Photo   Photo_3
  鶴見神社境内に7つの小さな社がある。そのうちの一つが秋葉神社だ。鶴見区誌によると、祭神「天軻遇突命(かぐつちのみこと) 天文年間(1532年~)の創立というも来歴は不明」とある。住宅地図を見ると、昭和62年までは、現在のザバススポーツセンター敷地内にあったのが確認できる。
  秋葉神社は浜松にある秋葉山を神体とする火よけ信仰の神社だ。往年は周囲の集落より祀られていたのが、急激な宅地化により逆に邪魔者扱いされ、鶴見神社の境内に押し込められてしまった姿を見るのはなんともやりきれない。あえて両隣の社を省き、背景の松の木と合わせて描くことにした。
[スケッチ場所:鶴見中央1丁目 鶴見神社境内]
(地図左:昭和62年  地図右:昭和63年)

|

« 最厳寺踏切 | トップページ

コメント

鶴見神社は数度行きましたが、秋葉神社は見落としていました。
総持寺のそばにあったんですねぇ。

>あえて両隣の社を省き、背景の松の木と合わせて描くことにした。
絵は写真と違ってすっきりと表現できるので良いですね。

投稿: くてくて | 2017年10月28日 (土) 15時30分

コメントありがとうございます
鶴見神社の脇に並んでいる小さな社は
どれもこれもそれなりに来歴のありそうなものばかりです。

ここに並んでいる社を、写真のように写生しようとすると
不思議とうまく仕上がらないんです。
狭い場所に並べられている小さな建築物、という感じが
強くでてしまいます。
一つだけに絞ると、神社本来の雰囲気が出てきます。
写真より絵の方が「伝える力」がつよい場所もありますね。

投稿: tsurucoco | 2017年10月29日 (日) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最厳寺踏切 | トップページ