2016年7月18日 (月)

最厳寺踏切

Photo_4
  尻手駅と矢向駅をつなぐ貨物用の尻手短落線は、碁盤状に整備された矢向3丁目から4丁目の生活道路を斜めに貫いている。そのためほぼ0mに一度踏切が出現する。これはそのうちの一つ、最厳寺踏切だ。矢向4丁目に「最願寺」があるための命名であろうが、一文字違うのがなんとも奇妙だ。一日に数本のみ通るような貨物線の線路に、「車は通行できません」という札がかかる。その両脇に、夏草が青々と茂っている。周辺の踏切も歩いてみたが、そのどれよりも静かで小さな踏切である。
[矢向3丁目31番地付近]

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

愛宕神社

Photo_3
 下末吉の愛宕神社は、生活音が聞こえるほど住宅地に接近していながら、いつ行っても「静けさ」に守られている。境内にたどり着くには、二つの鳥居の下を通る長い階段状の参道を登らなければならない。境内は柵に囲まれており通り道となっていないので通行人は極めて少ない。そういった地理的な理由もあるが、なんといっても社殿に荘厳さがあるためだ。光と影がくっきりつうつる木の社が、この小さな土地を神聖なものにしている。
[スケッチ場所:下末吉5丁目29-17]

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき